2010年04月23日

【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)

 丈夫さや保温性など実用面が重視され、ドレスアップの対極にあると思われていた靴下に異変!? 大人の女性の足下を彩っている。

 昨秋行われた、2010年春夏コレクションのリポートを見て、モデルの脚に目がくぎ付けになった。透けるラメの靴下がエレガントな「ディオール」、ふくらはぎが開いたハイソックスがスポーティーかつセクシーな「アレキサンダーワン」…。「バーバリープローサム」「マルニ」「エルメス」など影響力のあるブランドが多数、靴下を導入していた。モデルの美脚がまとう布の魅力に、はたと目からウロコが落ちる。靴下とは、実に女性的な魅力を演出できる小道具なんだと。

                   ◇

 コレクションから半年。この春の靴下売り場は花が咲いたようににぎやかだ。「2月に発売したシースルーラメの新作が爆発的な人気。品切れでご迷惑をおかけしております」と頭を下げるのは、靴下の製造小売り「タビオ」広報の手塚莉恵さん。この3月、全国269の直営店で女性用靴下の売り上げが前年比13%伸びた。「流行に敏感な女性が多い東京の店では、さらに伸びが顕著」という。

 そんな店のひとつ「靴下屋」代官山店(東京都渋谷区)を訪ねてみる。ヒット中のシースルーラメ靴下(1000〜1200円)は7デザインで各6〜7色あるが、うち店頭に残っているのは半分ほどだった。そのなかで私はシックなカーキ×ゴールドを購入する。薄く柔らかな生地がハイヒールに合いそうでうれしい。去年まで夏場は生足、それが許されそうもない場ではストッキングを履いてガマンしきたが、今年はこんな“大人の靴下“で涼しく過ごせそう。

 「繊細なキュプラ糸を使っているので、ひっかけるとすぐダメになってしまいます。注意してはいてくださいね」と店員さん。これを機に乱暴な動作を改めたい。

 ラベンダー色の最後の一枚を購入していたオシャレな女性会社員(29)は、すっかりこの春靴下の魅力にハマっているという。「靴と同系色でまとめるのも無難でいいと思うけど、私は反対色の差し色でアクセントを付けるのが好き。靴下ひとつで印象が変わり、服の着こなしの幅が広がります」

 単価の安い靴下には、さまざまなデザインや色柄を気軽に試せる魅力がある。すべて日本製で1000円前後の商品が約250種そろう同店では4割近くの客が複数買いという。「森ガールといわれるナチュラルでフェミニンな重ね着スタイルが流行していますが、足下にも重ねばきが広がっていますね」と前出の広報、手塚さん。

 一方、老舗の「福助」では、トレンカの下部を切って靴下にしたような変わり種、トレンカソックスが20代OLらに好評だ。「これまで靴下は、カジュアルになりすぎたり子供っぽく見えたりで、大人の女性のファッションアイテムとして広がらなかったが、トレンカソックスは素材感やデザインがハイヒールに合わせやすく大人っぽい。ファッション誌の評判も上々で、ヒール靴とのコーディネートの紹介などが掲載されはじめたところです」と、同社マーケティング部の樋口遵子さん。

                   ◇

 3月に行われた、2010〜11年秋冬東京コレクション「ケイタマルヤマ」のショーでもカリスマモデルの冨永愛らが靴下をはいていた。重厚なコートやミニドレスから伸びる装飾された脚が、蠱惑的な夢の世界にいざなうようだ。戦後のストッキングの普及とともに、装いの場から消えて久しかった女性の靴下。だからこそなのか!? レトロと新鮮が同居するラグジュアリーな脚に、非日常の妖艶な魅力がみえた。(重松明子)

<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)
宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
posted by ヤブキ タダオ at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。